メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

好みの音楽に合った「場所」探すアプリ「Placy」 “文化的価値”を可視化

開発したアプリの今後の展開について話す鈴木綜真さん=東京都目黒区で2020年1月28日午後3時3分、吉田卓矢撮影

 音楽の好みに応じてお勧めの場所を探してくれるスマートフォンアプリ「Placy(プレイシー)」が2019年9月に無料配信された。アプリと同名のITベンチャー「Placy」社長で開発者の鈴木綜真さん(26)が試行錯誤しながら思い描くのは、均質化されない新たな都市空間の創造だ。なぜこのアプリでそんな思いが実現できると考えるのか、鈴木さんを取材した。【吉田卓矢/統合デジタル取材センター】

この記事は有料記事です。

残り2542文字(全文2734文字)

吉田卓矢

1976年生まれ、兵庫県明石市出身。2005年入社。奈良支局、高松支局、大阪科学環境部、福井支局次長、水戸支局を経て、2019年秋から統合デジタル取材センター。原発や震災・防災、科学・医療などを中心に取材してきた。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船「乗船」の神戸大教授が対応批判 菅氏は「感染拡大防止を徹底」と反論

  2. 「コネクティングルーム」宿泊 安倍首相が和泉補佐官を注意

  3. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  4. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  5. 大阪・なんばのビル屋上で火災 朝の繁華街、一時騒然

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです