メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

四国で「春一番」吹く 全国に先駆け 高松地方気象台

[PR]

 高松地方気象台は13日、全国に先駆け、四国で12日午後から13日明け方にかけて「春一番」が吹いたと発表した。昨年は2月19日だった。強風や高波で海難事故が起こりやすく、積雪が多い地域では雪が解けて雪崩の恐れもあり注意が必要だ。

 気象台によると、春一番の基準は地方によって異なるが、四国では立春から春分までの間、低気圧が日本海付近で発達する中、南寄りで最大風速がおおむね10メートル以上のやや強い風が吹き、最高気温が前日より高くなることを条件としている。

 12日夜に愛媛県伊方町で最大風速14・6メートル、香川県東かがわ市で同9・4メートルを観測した。(共同)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ホテル三日月」従業員に感染なし 武漢チャーター機帰国者が宿泊

  2. 「午前2時半、真っ暗の画面が一瞬小さく光り…」首里城火災の監視カメラ映像初公開

  3. 岐阜県で初の感染者1人 新型コロナ

  4. 首相、大規模イベント中止・延期を要請 3月中旬まで2週間

  5. 「支援物資の恩返し」武漢を代表し渋谷でマスク配る かぶり物の中国人女性話題に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです