メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

TBS番組「消えた天才」に放送倫理違反 BPOが4件の放送に意見書

放送倫理・番組向上機構(BPO)が入居する千代田放送会館=東京都千代田区紀尾井町で2019年12月20日、吉岡宏二撮影

[PR]

 放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送倫理検証委員会(委員長・神田安積弁護士)は13日、TBSのバラエティー番組「消えた天才」で、少年野球の投手の投球などを速く見えるように映像を加工した問題について、「放送倫理違反があった」とする意見書を発表した。記者会見した神田委員長は「事実を曲げるのは過剰な演出だ」と述べた。

 問題があったのは、2018年1月~19年8月に番組のコーナーで放送されたスポーツの4種目の映像。パソコンの編集ソフトなどで、野球は2~5割増しで早回しした他、スケートのスピンや卓球のラリー、サッカーのドリブルを2割早回ししたにもかかわらず、実際の映像のように紹介した。TBSは問題発覚後の19年10月に番組を打ち切った。

 加工したのは複数のディレクターで、意見書は、担当者らの「抵抗感の少なさ」やチェック体制の不備を指摘した。TBSは同日、「意見を真摯(しんし)に受け止め、番組制作に生かし、信頼回復に努めてまいります」とのコメントを出した。【松尾知典】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ホテル三日月」従業員に感染なし 武漢チャーター機帰国者が宿泊

  2. 岐阜県で初の感染者1人 新型コロナ

  3. 「感染者2校以上確認で全府立学校を14日間休校」大阪府コロナ対策本部会議

  4. 「支援物資の恩返し」武漢を代表し渋谷でマスク配る かぶり物の中国人女性話題に

  5. 首相、大規模イベント中止・延期を要請 3月中旬まで2週間

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです