メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

春の旅立ち待つハイイロチュウヒ 干拓地を滑空 長崎・諫早

干拓地を滑空するハイイロチュウヒ=長崎県諫早市で2020年2月11日、須賀川理撮影

[PR]

 夕闇が迫る干拓地。どこからか姿を現したフクロウの仲間のコミミズクが作物の刈り取りが終わった畑を低空で飛び始めた。やがて餌を見つけたのか、直下の茂みに飛び込んだ。

光沢のある翼を広げるタゲリ=長崎県諫早市で2020年2月8日、須賀川理撮影

 長崎県諫早市の諫早干拓地で冬の渡り鳥が羽を休め、間もなく始まる春の渡りに備えている。日本野鳥の会長崎県支部によると諫早には冬季、カモ類を中心に70~80種の渡り鳥が訪れ、広大な畑や水辺で鳴き声を響かせる。

干拓地で餌を探すコミミズク=長崎県諫早市で2020年2月11日、須賀川理撮影

 タカの仲間のハイイロチュウヒはユーラシア大陸北部から渡ってくる。コミミズクと同じように地をはうように滑空し、ネズミなどの小動物を狙う。雄は灰色の体が特徴で、愛鳥家がカメラを手に県外からも訪れる人気者だ。

 猛禽類(もうきんるい)が飛び回る畑では頭から伸びた冠羽(かんう)が特徴のタゲリが餌をついばんでいた。諫早では多いとき200羽を超える群れになるといい、時折、隣のタゲリと場所を争い光沢のある翼を広げた。

 同支部の寺島正彦さん(65)は「今年は暖冬の影響か、種類によっては渡りの時期が1カ月ぐらい早く感じる。すでに春の渡りで見る鳥も観察され始めた」と話している。【須賀川理】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船内待機 米、感染急増で"評価見直し" チャーター機16日到着 新型肺炎

  2. 低体温症などで42人救急搬送 1人が意識不明 熊本城マラソン、降雨影響

  3. 名古屋市、感染確認夫婦利用の電車など公表 「夫から感染」の可能性

  4. 都内の40代男性会社員、新型肺炎重症化 発熱後の2月10日に新幹線で愛知県に出張

  5. 飼い主を待つ柴犬、買い物客に人気 写真撮影にもおとなしく

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです