メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「桜」追及の法律家の会を結成 3月めどに安倍首相の刑事告発目指す

安倍晋三首相の法的責任を問う「『桜を見る会』を追及する法律家の会」の結成集会であいさつする泉沢章弁護士(右端)ら=東京都千代田区永田町2の参院議員会館で2月13日正午ごろ、大場弘行撮影

 首相主催の「桜を見る会」の問題を巡り、約100人の弁護士が参加する「『桜を見る会』を追及する法律家の会」の結成集会が13日、東京都内で開かれた。3月をめどに、安倍晋三首相の刑事告発を目指すという。

 同会は「桜を見る会」の前日に首相後援会員向けに都内の高級ホテルで開かれた「前夜祭」を問題視。後援会が参加者を募集したにもかかわらず、前夜祭の費用の収支が後援会の政治資…

この記事は有料記事です。

残り275文字(全文458文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  2. 青森市の61歳女性殺害容疑 同居の長男を逮捕

  3. 「本能寺の変 原因説総選挙」 50説から選ばれたトップは、やはり…

  4. 大阪来たら宿泊費を一部補助 関西圏からの客を対象に大阪府・市が7月末まで

  5. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです