メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

聴覚障害者向け津波警報の旗は「赤と白の格子模様」に 気象庁の有識者検討会

「赤と白の格子模様」のデザイン=気象庁提供

[PR]

 海水浴場にいる聴覚障害者に津波警報が発表されたことを伝える方法を考える気象庁の有識者検討会(座長・田中淳東大大学院教授)が13日開かれた。これまでの検討で旗を使うことになっており、この日はデザインを「赤と白の格子模様」にすることが決まった。

 気象庁によると、検討会は昨年10月、自治体によって異なる津波警報の視覚的な発表方法を統一するために設置された。沖からの見え方をさまざまなデザインで試すなどし、赤と白の格子模様が強く視覚に訴えるとの結果を得たという。

 また赤と白の格子模様は色の識別が難しい人でも比較的識別しやすいといい、「海上に危険が迫っている」ことを意味する国際信号旗と同じ色の組み合わせで外国人にも伝わりやすいことが評価されていた。

 気象庁は今後、自治体に旗の普及を図り、今夏から使用を求める方針。現在オレンジ色の旗など別の伝達手段を用いている自治体も、移行期間を経て対応してもらう。(共同)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相、大規模イベント中止・延期を要請 3月中旬まで2週間

  2. 「感染者2校以上確認で全府立学校を14日間休校」大阪府コロナ対策本部会議

  3. 岐阜県で初の感染者1人 新型コロナ

  4. 「支援物資の恩返し」武漢を代表し渋谷でマスク配る かぶり物の中国人女性話題に

  5. オリックス生命 新宿拠点の700人超を在宅勤務に 協力会社員が新型コロナ感染で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです