メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

防衛相「予備自衛官」招集へ 医師や看護師ら クルーズ船支援の交代要員

防衛省=東京都新宿区で、小川昌宏撮影

 河野太郎防衛相は13日、新型コロナウイルスの集団感染が起きたクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」などへの医療支援を強化するため、医師や看護師などの資格を持つ予備自衛官の招集命令を出した。自衛隊はすでに医官や看護官らを医療や健康管理の支援のため派遣しており、増強や交代要員として任務に当たる。

 招集するのは最大50人で17日以降に、…

この記事は有料記事です。

残り123文字(全文290文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 専門家、新型コロナ「第2波」懸念 「中国と比べものにならない感染者が日本に」

  2. 感染者の確認ない鳥取・島根 外出自粛の都市部から観光客も 新型コロナ

  3. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  4. 特集ワイド コロナショック マスク買い占めは迷惑行為 「どうしても欲しくて」長い行列…

  5. リセット・東京2020 飲食店、相次ぐ「コロナ倒産」 東京オリンピック延期、北海道経済に追い打ち

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです