メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クルーズ船陰性の高齢者一部下船に歓迎の声 「環境が改善されるのはいい」

「ダイヤモンド・プリンセス」で増える検査対象者と感染確認

 検査対象者と感染確認者が日に日に増え、乗客の不安が高まっていたクルーズ船内では、検査で陰性を確認した高齢者の一部の下船が順次始まることに歓迎の声が上がる。

 乗客には文書が配られ、下船への対応が報告された。妻や知人と乗船している兵庫県宝塚市の会社員男性(67)は取材に「多少なりとも環境が改善されるのはいい」と語った。

 神戸市の林栄太郎さん(79)は、当面の下船対象が80歳以上だったことに「もうしばらく船室で我慢するしかない」と諦めた様子。「陰性であれば、政府が用意した施設ではなく自宅に戻らせてもいいのでは」と話す。

この記事は有料記事です。

残り921文字(全文1181文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  2. 日本新薬が逃げ切る TDKは1点差に迫るもあと1本が出ず 都市対抗

  3. ソフトバンクの選手が付けている目の下の「黒いアレ」って何?

  4. 経路不明急増、保健所パンク…「日本モデル」もう限界 「政府も危機感共有を」

  5. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです