メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

テスト答案用紙、誤ってHP掲載 奈良の市立小学校 学年だよりと間違え

学校イメージ=ゲッティ

[PR]

 奈良市立伏見小学校(山中充子校長)が学校のホームページ(HP)に、男子児童の算数テストの答案用紙を学年だよりと間違えて掲載していたことが、同校などへの取材で明らかになった。別の児童の保護者から指摘を受けて削除したが、クラスや氏名、点数が分かる状態が半日ほど続いたという。

 同校によると、学年主任が6日、学年だよりをHPに掲載するよう別の教員に依頼した。この際、スキャナーで取り込んであった児童の答案用紙のデータを間違えて渡したという。依頼された教員もデータをよく確認せずに作業し、7日午前8時ごろにHPに掲載された。別の児童の保護者が気付いて学校に連絡し、教頭が同日午後9時半ごろ削除した。

 HPへの掲載作業は管理職がするルールだが、他の教員らにパスワードなどを伝えて任せていたという。山中校長は「当該児童と保護者に申し訳ない」と話している。

 男子児童の両親によると、10日夜にあった保護者説明会の終了後、他の参加者が残っている中で、校長室に寄るよう山中校長らに声を掛けられたという。両親は毎日新聞の取材に「被害者だと知られてしまった」と憤慨。「息子は『ミスは誰にでもあるから責めるつもりはない』と言っているが、友達とどう接すればいいか困惑しており、学校を休んでいる」と話した。【姜弘修】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船「乗船」の神戸大教授が対応批判 菅氏は「感染拡大防止を徹底」と反論

  2. 「コネクティングルーム」宿泊 安倍首相が和泉補佐官を注意

  3. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  4. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  5. 大阪・なんばのビル屋上で火災 朝の繁華街、一時騒然

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです