メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

70代男性タクシー運転手感染の東京都 「男性は普段マスク、発熱後は運転控えていた」

新型コロナウイルスの感染確認について記者会見で説明する内藤淳・東京都福祉保健局長(左から2人目)=2020年2月13日午後9時32分、森健太郎撮影

[PR]

 東京都は午後9時半から、内藤淳・福祉保健局長が記者会見を開いた。発表や会見の説明によると、感染した70代の男性タクシー運転手は普段からマスクを着用して乗務していた。1月29日に発熱後はタクシーの運転を控え、日常生活でもマスクを着けていた。

 都によると、男性や家族への聞き取りでは、普段は23区内を中心に営業していた。男性は発症前の14日間は「外国人は乗せていない」と説明しているという。

 都は、男性の行動や家族をはじめとした濃厚接触者の調査を始めており、濃厚接触が疑われる場合は症状の有無にかかわらず検査を求めていく。内藤局長は「感染経路はこれから調査していくが、封じ込めに全力を挙げたい」と話した。【内田幸一、森健太郎】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ホテル三日月」従業員に感染なし 武漢チャーター機帰国者が宿泊

  2. 「午前2時半、真っ暗の画面が一瞬小さく光り…」首里城火災の監視カメラ映像初公開

  3. 岐阜県で初の感染者1人 新型コロナ

  4. 首相、大規模イベント中止・延期を要請 3月中旬まで2週間

  5. 「支援物資の恩返し」武漢を代表し渋谷でマスク配る かぶり物の中国人女性話題に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです