メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

加藤厚労相、詳細説明避ける 80代女性死亡を発表 感染経路は不明確なまま

 政府が新型コロナウイルスへの水際対策を懸命に進める中、感染した患者の国内初の死亡が確認された。死亡した女性も含め、13日に発表された各地の新たな感染者に中国への渡航歴はなかったといい、既に国内で感染の連鎖が起きている可能性が高まった。感染者が1月15日に国内で初めて見つかって間もなく1カ月。新たな局面を迎えた。

 加藤勝信厚生労働相が新型肺炎関係でこの日2度目の記者会見に臨んだのは、午後8時45分。冒頭、神妙な面持ちで神奈川県の80代女性が死亡したことを明かし「亡くなられた方のご冥福をお祈りするとともに、ご遺族の方にお悔やみを申し上げる」と述べた。

この記事は有料記事です。

残り324文字(全文601文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クワズイモは「食えずイモ」 激痛で救急搬送 葉がサトイモ似、各地で誤食被害

  2. 川口のマンションで冷凍庫から乳児の遺体発見 住人の女性らから事情聴く 埼玉県警

  3. GoTo縮小に触れない首相 政策「失敗」認めたくない? 専門家警鐘に動き鈍く

  4. デジタル庁、民間と連携 首相直轄、強い権限 政府概要公表

  5. 学術会議現役会員「世界から笑われる」 政府、非政府組織化を提案

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです