メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外GDP年6.3%減 5四半期ぶりマイナス 消費増税響く

全てはイニエスタから始まった ハットトリック小川「自分が生かされている」 ACL

【神戸-ジョホール・ダルル・タクジム】後半、自身2点目のゴールを決め喜ぶ神戸・小川=ノエビアスタジアム神戸で2020年2月12日

[PR]

 1本のパスで局面を変える。ハットトリックした神戸のFW小川が「ああいう人がいて自分が生きている」と称するMFイニエスタのボールにはそんな力がある。「戦うのがワクワクする」というACLの舞台で違いを見せつけた。

【神戸-ジョホール・ダルル・タクジム】前半、ドリブルで攻め込む神戸・イニエスタ(右から2人目)=ノエビアスタジアム神戸で2020年2月12日

 小川の3得点の起点は全てイニエスタから始まった。前半13分、センターライン付近まで下がり攻撃を組み立てると、前線の小川に相手DFの裏へ走らせるようにボールを出した。ワンバウンドしながら足元へと収まる絶妙なパスが先制点を生んだ。

 5点目となった後半27分、何気ないクロスにも高い技術が詰まっていた。ゴールライン際でボールを受けて上げたセンタリングはラインを割ることも、伸び過ぎることもない。小川の頭上へピンポイントに送った。

 攻守の要であるMF山口を発熱で欠くトラブルがありながら、初のACLで大量5得点。フィンク監督が「ボールポゼッションを保ちながら、より攻撃的に臨みたい」と、攻撃の枚数を1枚増やした策もぴたりとはまって高い攻撃力を見せた。クラブの掲げるアジアナンバーワンクラブへ。「チームも自分自身も良いデビューができた」とイニエスタ。チームの勝利にやはりこの男は欠かせない。【丹下友紀子】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船内待機 米、感染急増で"評価見直し" チャーター機16日到着 新型肺炎

  2. 低体温症などで42人救急搬送 1人が意識不明 熊本城マラソン、降雨影響

  3. 公文書クライシス 「解釈、どうとでも」 "保存1年未満"文書破棄記録ゼロ 情報公開、ルール骨抜き

  4. 名古屋市、感染確認夫婦利用の電車など公表 「夫から感染」の可能性

  5. 国立大5校、授業料値上げ 昨春以降 学生ら、説明不足批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです