メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ロッテ・佐々木朗 25球、圧巻のブルペン 首脳陣も絶賛の嵐 キャンプ最終日

ブルペンでの投球を終えたロッテ・佐々木朗=沖縄県石垣市で

 あまりの迫力に見守った人たちの顔には笑みが浮かんだ。ロッテのドラフト1位新人、佐々木朗(岩手・大船渡高)が沖縄県石垣市でのキャンプ最終日となった13日、初めてブルペンに入って捕手を立たせた状態で25球を投げた。圧巻の投球だったが、納得できる球だったかと尋ねられると「なかった。全体的に駄目だった」と不満げな表情を隠さなかった。

 キャッチャーミットに突き刺さるような速球を投げ続けた。すさまじい球威に、受けた柿沼が「ミットが切れちゃう」と漏らすほど。球速は計測されていないが「体感で155キロは出ていた。しなやかさと速さを兼ね備えている」と証言した。

この記事は有料記事です。

残り249文字(全文524文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新たに25人感染 ほとんど経路不明 クルーズ船下船者が陽性 新型肺炎

  2. 金沢市内の男子中学生陽性 感染者の家族 症状なし、学校は休校に 新型肺炎

  3. クルーズ船下船後に女性が陽性、発熱 初のケース 栃木県発表 新型肺炎

  4. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

  5. 新型コロナ「花見川区の中学校教諭り患」「安易に校名広げない配慮を」 千葉市長がツイート

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです