メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

計量失敗で世界王座剥奪のボクシング・比嘉大吾が復帰戦勝利

六回、ブエナオブラ(左)を攻める比嘉=後楽園ホールで2020年2月13日、宮武祐希撮影

[PR]

 計量失敗によるライセンス停止処分が2019年10月に解除された元世界ボクシング評議会(WBC)フライ級王者の比嘉大吾(24)=白井・具志堅スポーツ=が13日、東京・後楽園ホールでノンタイトル8回戦(53・9キロ契約)に臨み、ジェイソン・ブエナオブラ(フィリピン)を六回TKOで降して1年10カ月ぶりのリング復帰を白星で飾った。

 比嘉は六回にボディーでダウンを奪うと、さらに連打で2度目のダウンを奪って試合を決めた。だが、格下相手にクリーンヒットを許す場面もあり、「試合内容は最悪」と厳しい表情。2年近いブランクで体力が低下し、「上でやったら、悔しい結果になると思う。今後のことについてはしっかり考えたい」と話した。

二回、ブエナオブラ(右)を攻める比嘉=後楽園ホールで2020年2月13日、宮武祐希撮影

 比嘉は18年4月、3度目の防衛戦の前日計量で900グラム超過して王座を失い、日本ボクシングコミッション(JBC)からボクサーライセンスの無期限停止処分を科された。「減量のためにご飯を十分に食べられない生活が嫌で、ボクシングをやめるつもりでいた」と振り返る。しばらくは「普通に飲み食いする生活を送っていた」といい、体重は一時、68キロまで増えた。

 復帰を決意したのは、沖縄に帰省し、応援し続けてくれるファンの温かさに触れたからだという。19年9月に本格的な練習を再開し、所属ジムの具志堅用高会長が手配したアドバイザーの下、減量に成功した。復帰戦の契約体重は、フライ級のリミットを3・1キロ上回る。

 14年6月のプロデビューから計量に失敗した試合で敗れるまで、日本選手最多タイの15試合連続でKOを積み重ねてきた大器。今後については明言しなかったが、満員の観客から浴びた「大吾」コールには気持ちよさそうに応え、「最高でした」と頰を緩めた。【黒川優】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船「乗船」の神戸大教授が対応批判 菅氏は「感染拡大防止を徹底」と反論

  2. 「コネクティングルーム」宿泊 安倍首相が和泉補佐官を注意

  3. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  4. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  5. 大阪・なんばのビル屋上で火災 朝の繁華街、一時騒然

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです