メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「しーずんはじまったら、たかつかんとくに、ぼやいてください」 つば九郎、ブログで野村克也さんに感謝

公式ブログで、亡き野村克也さんへの思いをつづったヤクルトの球団マスコット「つば九郎」=梅村直承撮影

[PR]

 プロ野球、ヤクルトの元監督の野村克也さんの訃報を受け、球団マスコット「つば九郎」が公式ブログで「しーずんはじまったら、じんぐうのしあいをのぞきにきて、たかつかんとくに、ぼやいてください」と記し、祈りをささげた。

 野村さんが亡くなった11日に公式ブログを更新。野村監督率いるヤクルトは高津臣吾(現監督)らを擁して1992年に14年ぶり2度目のセ・リーグ優勝を飾り、翌93年には日本一に輝いた。そして、つば九郎はその翌年の94年に誕生。「1994ねん、4い。とうじ、のむらかんとくに、ゆにふぉーむのそでについた、つばくろうをみて、これがいかんのや!っといわれたことをおもいだします」と振り返った。

ヤクルトの球団設立50周年を記念したOB戦を前に、客席の拍手に応える野村克也元監督=東京都で2019年7月11日午後6時52分、北山夏帆撮影

 つば九郎が着目したのが、高津監督や阪神の矢野燿大監督、楽天の三木肇監督をはじめ、現在、各球団を指導する人材を育てた野村さんの手腕だ。「どのきゅうだんでも、のむらさんが、たねをまき、そのご、めがでて、はながさく(ゆうしょう)となりましたね。のむらいずむ、IDやきゅうのもうしごがふえていきました」と功績をたたえた。

 「てんごくで、ひさしぶりにさっち~とあえてますかね」と、17年に死去した妻の沙知代さんとの再会に思いをはせ、「のむらかんとく、やきゅうをだいすきにさせてくれて、ありがとうございました」と感謝の言葉をつづった。【中村有花】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新たに25人感染 ほとんど経路不明 クルーズ船下船者が陽性 新型肺炎

  2. 金沢市内の男子中学生陽性 感染者の家族 症状なし、学校は休校に 新型肺炎

  3. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

  4. クルーズ船下船後に女性が陽性、発熱 初のケース 栃木県発表 新型肺炎

  5. 新型コロナ「花見川区の中学校教諭り患」「安易に校名広げない配慮を」 千葉市長がツイート

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです