メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

この国はどこへ これだけは言いたい シンガー・ソングライター・加藤登紀子さん・76歳

=手塚耕一郎撮影

 東京・練馬で2月1日、アフガニスタンで凶弾に倒れたNGO「ペシャワール会」(本部・福岡市)現地代表、中村哲さんの死を悼む「しのぶ会」があった。会の前に開かれた記者会見には、シンガー・ソングライターの加藤登紀子さん(76)も出席していた。

 ペシャワール会の村上優会長が「中村先生はアフガンで20年は事業を継続できる体制を構築しなければならない、と言っていた。残された著書や膨大な資料の中に金の鉱脈がある。それらを読み解き、チームで遺志を継承していきたい」と決意を述べると、記者席でじっと聴き入っていた加藤さんが、おもむろに質問した。

 「私が哲さんと最後にやり取りした昨年の秋、『11月17日に重大な会議がある』とおっしゃっていました。どんなことがあったのですか」

この記事は有料記事です。

残り2779文字(全文3110文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. KDDIも携帯割安プラン導入 20ギガ4000円弱で調整 月内に公表

  2. ガス吸う遊び中にボンベ爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

  3. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

  4. 網戸のひもで6歳死亡 両親、アルミ建材大手を提訴 「欠陥で首に絡まり」

  5. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』興収300億円に向けファン団結「煉獄さんを300億の男に」 『コナン』に似た運動

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです