連載

人生は夕方から楽しくなる

ベテラン記者が大人ならではの滋味ある話を求め、旬の人と語り合う大型インタビュー。人生が楽しくなるヒントをお届けします。金曜日更新。

連載一覧

人生は夕方から楽しくなる

俳優・森次晃嗣さん 今年は「トリプルセブン」 ハングリー精神で

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
「外国人と言葉の壁で四苦八苦しています」=神奈川県藤沢市の「ジョリーシャポー」で、根岸基弘撮影
「外国人と言葉の壁で四苦八苦しています」=神奈川県藤沢市の「ジョリーシャポー」で、根岸基弘撮影

 住宅地を抜け、海岸まで約20分。神奈川県藤沢市で長年暮らす中で、お気に入りの散歩コースができた。潮風を浴びながら砂浜に出ると、左手に江の島があり、右手には富士山がそびえる。湘南ならではの大パノラマだ。「爽快ですよ。この街が好きで50年以上住み続けています。夏はビーチサンダルをはいて、ランニングシャツに短パン姿。大都会でこんな格好をしていると変ですが、湘南ではごく当たり前。解放感っていうのかな。この気分は都会生活では味わえないでしょうね」

 北海道の内陸部で生まれ育ち、冬は3メートルの雪に埋もれ、最低気温は氷点下30度以下の日も。「だから、海の近くで暮らすのは昔からの夢でした」

この記事は有料記事です。

残り1372文字(全文1663文字)

あわせて読みたい

注目の特集