メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

小松菜は地元100% 堺市立小・支援学校の給食

小松菜入りの野菜スープをおいしそうに食べる子どもたち=堺市中区の市立東百舌鳥小学校で2019年12月20日、三角真理撮影

 堺市立の小学校・支援学校計95校で、約4万4000人分の学校給食に使われる小松菜は100%地元産。5年以上この状態を維持しており、子どもたちにもおなじみの野菜となっている。「地産地消」を支えているのは、大規模で細やかな栽培を手がける「しものファーム」(霜野要規(しものとしのり)社長)の存在だ。【三角真理】

この記事は有料記事です。

残り1094文字(全文1248文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船内待機 米、感染急増で"評価見直し" チャーター機16日到着 新型肺炎

  2. 低体温症などで42人救急搬送 1人が意識不明 熊本城マラソン、降雨影響

  3. 名古屋市、感染確認夫婦利用の電車など公表 「夫から感染」の可能性

  4. 都内の40代男性会社員、新型肺炎重症化 発熱後の2月10日に新幹線で愛知県に出張

  5. 飼い主を待つ柴犬、買い物客に人気 写真撮影にもおとなしく

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです