メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

小松菜は地元100% 堺市立小・支援学校の給食

小松菜入りの野菜スープをおいしそうに食べる子どもたち=堺市中区の市立東百舌鳥小学校で2019年12月20日、三角真理撮影

 堺市立の小学校・支援学校計95校で、約4万4000人分の学校給食に使われる小松菜は100%地元産。5年以上この状態を維持しており、子どもたちにもおなじみの野菜となっている。「地産地消」を支えているのは、大規模で細やかな栽培を手がける「しものファーム」(霜野要規(しものとしのり)社長)の存在だ。【三角真理】

この記事は有料記事です。

残り1094文字(全文1248文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「鬼滅の刃」 興収259億円に 「アナ雪」超えの国内歴代3位

  2. 「センスある会食を」 特産和紙の扇子で飛沫防ぐ 福井・越前市が配布

  3. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  4. 東京都内で186人の感染確認 重症者10人増え51人 新型コロナ

  5. 立憲、安倍前首相の国会招致求める 小泉氏ら閣僚、コメント回避相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです