メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ジュニア女子ゴルフ・橋本美月 世界大会、初出場でV

通い慣れたゴルフ練習場で打ち込みに励む橋本美月=神戸市で2020年1月12日、和田崇撮影

 群雄割拠のジュニア女子ゴルフ界に新星誕生――。1月に米フロリダ州で行われた世界的なジュニア大会「ジュニア・オレンジボウル国際ゴルフ選手権」で、兵庫県出身の橋本美月(17)=滝川第二高2年=が初出場初優勝を果たした。過去の優勝者にタイガー・ウッズ(米)も名を連ねる権威ある大会を制し、世界へ羽ばたく足掛かりをつかんだ。【和田崇】

 もともとクリスマスシーズンにマイアミ地域で行われていた子ども向けイベントだった「オレンジボウル」は、年を重ねるごとにゴルフやテニスなど競技会が大規模化し、現在は世界各国からトップジュニアが集う登竜門となった。ゴルフ部門ではウッズのほか、レキシー・トンプソン(米)やアリヤ・ジュタヌガーン(タイ)ら米女子メジャー大会覇者が優勝者に名を連ね、日本選手では福嶋晃子(1990年大会)、宮里優作(98年大会)以来、橋本が3人目の優勝者となった。

 現地の1月3~6日に行われた今年の大会には、女子の部に日本から橋本ただ一人が参加。過去の出場者は日本ジュニア選手権の勝者などトップクラスばかりで、実績のない橋本だったが日本高校ゴルフ連盟が夏の選手合宿などを経て抜てきした。「国際大会の出場も初めてなら、海外に出るのも初めて」とすべてが初尽くし。「グリーンの芝からバンカーまできれいに整備された日本のゴルフ場とは大違い。恵まれた環境にいたと実感した」…

この記事は有料記事です。

残り1194文字(全文1777文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相、大規模イベント中止・延期を要請 3月中旬まで2週間

  2. 新型コロナ検査、実際は「1日平均約900件」 厚労相「3800件は最大限可能な数字」 

  3. オリックス生命 新宿拠点の700人超を在宅勤務に 協力会社員が新型コロナ感染で

  4. コンビニに日本刀の男 妻を複数回刺し死なす 自営業の51歳緊急逮捕 岡山・赤磐

  5. 「支援物資の恩返し」武漢を代表し渋谷でマスク配る かぶり物の中国人女性話題に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです