メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

待ってろ東京

陸上男子長距離 西山雄介(25) 先輩代表入りで覚醒

ニューイヤー駅伝で、トヨタ自動車2区のニコラス・コシンベイからたすきを受け取り走り出す3区の西山雄介=前橋市で2020年1月1日午前10時12分、喜屋武真之介撮影

 東京五輪マラソン代表を勝ち取った2人を間近に見てきた後輩が、覚醒の走りを見せた。元日の全日本実業団対抗駅伝(ニューイヤー駅伝)でトヨタ自動車の3年目、西山雄介(25)が3区で区間新の快走。西山にとって、富士通の中村匠吾(27)は高校・大学の2年先輩、服部勇馬(26)はチームの1年先輩にあたる。「2人と比べて自分の甘さを痛感した」。練習への向き合い方を変えて、好結果につなげた。

 筋肉質な体格から繰り出す力強い推進力。ニューイヤー駅伝ではトップの旭化成と39秒差の14位でたすきを受けると、これまでの記録を13秒更新する走りでトップと8秒差の3位まで押し上げ、チームの準優勝に貢献した。「最初のハイペースを落とさずに走り切れたことが区間新につながった」と自信を深めた。

この記事は有料記事です。

残り580文字(全文915文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船内待機 米、感染急増で"評価見直し" チャーター機16日到着 新型肺炎

  2. 低体温症などで42人救急搬送 1人が意識不明 熊本城マラソン、降雨影響

  3. 名古屋市、感染確認夫婦利用の電車など公表 「夫から感染」の可能性

  4. 都内の40代男性会社員、新型肺炎重症化 発熱後の2月10日に新幹線で愛知県に出張

  5. 飼い主を待つ柴犬、買い物客に人気 写真撮影にもおとなしく

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです