メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

福岡・博多暴走、2審も有罪 元タクシー運転手の控訴棄却

 2016年にタクシーを暴走させ福岡市博多区の原三信病院に突っ込み3人を死亡、7人に重軽傷を負わせたとして、自動車運転処罰法違反(過失致死傷)に問われた元タクシー運転手、松岡龍生(たつお)被告(67)の控訴審判決で、福岡高裁(伊名波宏仁裁判長)は14日、禁錮5年6月とした1審・福岡地裁判決(19年3月)を支持し被告の控訴を棄却した。被告側は上告する方針。

 事故は16年12月3日午後5時ごろ発生。松岡被告は病院の約280メートル手前の市道でタクシーを発進直後、ブレーキとアクセルを踏み間違え、パニックになり踏み間違いに気づかないままアクセルを踏み、事故直前には時速約86キロまで加速して病院に突っ込んだとして起訴された。

この記事は有料記事です。

残り201文字(全文512文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相、大規模イベント中止・延期を要請 3月中旬まで2週間

  2. 「感染者2校以上確認で全府立学校を14日間休校」大阪府コロナ対策本部会議

  3. 岐阜県で初の感染者1人 新型コロナ

  4. 「支援物資の恩返し」武漢を代表し渋谷でマスク配る かぶり物の中国人女性話題に

  5. オリックス生命 新宿拠点の700人超を在宅勤務に 協力会社員が新型コロナ感染で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです