メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ブラジル日系人、安平町民と交流 雪だるま寄贈が縁結び /北海道

道の駅の入り口に飾られた雪だるまに笑顔を見せる訪問団の女性たち=北海道安平町で

 雪だるまが縁で、2008年から安平町と交流を続けているブラジル・サンパウロ市の日系訪問団。先月27日に札幌市であった北海道日伯協会30周年式典に参加後、同町を訪問し、「道の駅あびらD51ステーション」などで交流を深めた。

 サンパウロ市との交流は、08年の日本人移民100年記念式典に雪だるまを贈ったのがきっかけ。18年の胆振東部地震で…

この記事は有料記事です。

残り252文字(全文420文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 14歳長女「勇気振り絞りここに」 父がパワハラ自殺「水道局は反省を」 新潟で集会

  2. ソフトバンク本拠地が「ペイペイドーム」に看板掛け替え

  3. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  4. ANAホテル「営業の秘密と言った事実はない」 安倍首相答弁を否定

  5. 藤田医科大岡崎医療センター クルーズ船陽性受け入れ 開院前で感染不安なく

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです