東日本大震災

災害公営住宅 自治会役員ら交流 課題と解決策共有 多賀城 /宮城

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
災害公営住宅のコミュニティーづくりの課題と解決策を共有した自治会交流会=宮城県多賀城市の市営鶴ケ谷アパートで
災害公営住宅のコミュニティーづくりの課題と解決策を共有した自治会交流会=宮城県多賀城市の市営鶴ケ谷アパートで

 宮城、岩手両県の災害公営住宅の自治会役員らが、コミュニティーづくりの課題と解決策を共有する交流会が11日、多賀城市の市営鶴ケ谷アパート集会所であった。13団地の役員や支援者ら約80人が参加。入居者アンケートの結果を基に、自治会活動を複数の役員で担うことの重要性などを話し合った。

 岩手大三陸復興・地域創生推進機構の船戸義和特任助教の呼び掛けで3回目の開催。アンケートで浮き彫りになった、隣同士の顔と名前が分…

この記事は有料記事です。

残り307文字(全文511文字)

あわせて読みたい

注目の特集