メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京2020

聖火ランナー ラグビー稲垣選手ら3人追加発表 /神奈川

稲垣啓太選手

 県は13日、今夏の東京五輪の聖火リレーで県内を走る聖火ランナー3人を追加発表した。ラグビー日本代表の稲垣啓太選手(29)や宝塚歌劇団雪組トップスターの望海風斗さんら県ゆかりの3人が選ばれ、県実行委選出分の68人が出そろった。

 昨秋のラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会で、日本の8強入りに貢献し「笑わない男」として話題を呼んだ稲垣選手は関東学院大(横浜市金沢区)出身。宝塚歌劇団雪組トップスターとして活躍する望海さんは横浜で生まれ育った。また、湯河原や丹沢など県内全域で活動している山岳ガイドの有持真人さん(58)も選ばれた。

 県内の聖火リレーは6月29日に箱根町の箱根駅伝往路ゴール地点付近を出発。7月1日の横浜赤レンガ倉庫(横浜市中区)までの計55キロで行われ、15市町を約280人が駆け抜ける。

この記事は有料記事です。

残り332文字(全文685文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国の小中高校を休校 安倍首相要請、3月2日から春休みまで

  2. IOCパウンド委員 東京オリンピック「1年延期」に言及 新型肺炎

  3. 北海道の休校要請、共働き家庭を直撃 学童保育・クラブも閉鎖

  4. 大阪市立小中・幼稚園、2週間臨時休校 卒業式は短縮、参加人数制限し実施

  5. 児童体罰で懲戒の小学校教諭 自宅待機処分中にFB投稿 ツーリング・グルメ満喫

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです