メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日映画コンクール

第74回毎日映画コンクール 川崎で最後の表彰式 受賞者が舞台彩る /神奈川

第74回毎日映画コンクールの表彰式であいさつする日本映画大賞と監督賞を受賞した石川慶監督(右)とスポニチグランプリ新人賞の鈴鹿央士さん=神奈川県川崎市幸区のミューザ川崎シンフォニーホールで、宮間俊樹撮影

 <映像のまち・かわさき>

 川崎市幸区のミューザ川崎シンフォニーホールで13日、開かれた第74回毎日映画コンクール表彰式は、日本映画大賞に輝いた「蜜蜂と遠雷」の石川慶監督ら2019年の映画界を代表する関係者が出席し舞台を彩った。毎日新聞社の朝比奈豊会長は、次の第75回を東京都目黒区で開くことを明らかにし、川崎の表彰式は10年で幕を閉じた。【市村一夫】

 川崎市最後の表彰式で、福田紀彦市長は「これまで日本を代表する映画人を迎えられ、光栄だった。今後も映像に関わる人材育成をバックアップしていきたい」とあいさつした。

この記事は有料記事です。

残り772文字(全文1029文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  2. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  3. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  4. 不手際連発の安倍政権に募る不満 「平時と変わらぬ対応」の不人気

  5. 第2波で再び経済ストップ? 宣言解除後は「底をはい続けるL字形」との指摘も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです