メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日映画コンクール

第74回毎日映画コンクール 川崎で最後の表彰式 受賞者が舞台彩る /神奈川

第74回毎日映画コンクールの表彰式であいさつする日本映画大賞と監督賞を受賞した石川慶監督(右)とスポニチグランプリ新人賞の鈴鹿央士さん=神奈川県川崎市幸区のミューザ川崎シンフォニーホールで、宮間俊樹撮影

 <映像のまち・かわさき>

 川崎市幸区のミューザ川崎シンフォニーホールで13日、開かれた第74回毎日映画コンクール表彰式は、日本映画大賞に輝いた「蜜蜂と遠雷」の石川慶監督ら2019年の映画界を代表する関係者が出席し舞台を彩った。毎日新聞社の朝比奈豊会長は、次の第75回を東京都目黒区で開くことを明らかにし、川崎の表彰式は10年で幕を閉じた。【市村一夫】

 川崎市最後の表彰式で、福田紀彦市長は「これまで日本を代表する映画人を迎えられ、光栄だった。今後も映像に関わる人材育成をバックアップしていきたい」とあいさつした。

この記事は有料記事です。

残り772文字(全文1029文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京都内で新たに500人の感染確認 重症者は3人減の59人

  2. 香港の周庭氏に禁錮10月、初の実刑 黄氏は13月半 昨年警察包囲デモ

  3. 特集ワイド 国民・山尾議員、一躍「党の顔」 「永田町の常識」と決別、新たな野党像模索

  4. 「山を一つ動かしたかな」桜を見る会問題追及、田村智子参院議員に聞く

  5. セガサミーがホンダを逆転 小野田、根岸が連続アーチ 都市対抗

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです