メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

来年度当初予算案 県一般会計8420億円 8年連続の増額、知事「政策にメリハリ」 /岐阜

2020年度当初予算案について説明する古田肇知事=岐阜県庁で

 県は13日、一般会計で総額約8420億円の2020年度当初予算案を発表した。19年度当初比1・9%(161億円)増で、8年連続の増額予算。古田肇知事は「財政規律に配慮しつつ、メリハリの利いた政策を推進する」と述べた。東京五輪を踏まえた「攻め」と、危機管理を徹底する「守り」の両面に配慮したという。【岡正勝】

この記事は有料記事です。

残り1893文字(全文2047文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「百合子山は高かった」 落選の山本氏、完敗認めるも小池氏にチクリ

  2. 遺体次々発見、変わり果てた姿に 言葉を失う被害の大きさ 熊本豪雨

  3. 「人気低下、認めざるを得ない」 落選の立花氏 衆院選へ「戦略見直す」

  4. 「小池氏に手玉に取られた」自民、距離感に苦心 恐れる「次の行動」とは

  5. 東京都知事選 小池氏の再選確実「喫緊の課題はコロナ対策」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです