メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

MAINICHI芸術食堂

映画「1917 命をかけた伝令」 客席で主人公に同行 /愛知

映画の一場面。スコフィールド役のジョージ・マッケイ(右)とブレイク役のディーン=チャールズ・チャップマン (C)2019 Universal Pictures and Storyteller Distribution Co.,LLC. All Rights Reserved.

 今年の米アカデミー賞は、韓国映画「パラサイト」旋風が巻き起こった。もちろん必見作だが、こちらも見逃さないでほしい。10部門でノミネートされ、主要賞は逃したものの撮影賞や視覚効果賞など3部門に輝いた「1917 命をかけた伝令」。「アメリカン・ビューティー」や「007 スカイフォール」のサム・メンデス監督が、第一次世界大戦に従軍した祖父から聞いた体験談をもとに作り上げた、全く新しい映画表現と感動のドラマだ。

 戦況が苛烈を極める1917年の仏。英国軍の若き兵士スコフィールドとブレイクに、ことのほか重要な任務が与えられる。撤退した独軍を追撃する部隊に、明朝の突撃中止を伝えよ。実は敵が最新兵器を揃(そろ)えて待ち構えていると分かるが、最前線に知らせが届いていないのだ。間に合わなければ、友軍1600人の全滅は免れない。その中にはブレイクの実兄もいる。数々のトラップをくぐり抜け、敵の占領地に分け入って、タイム…

この記事は有料記事です。

残り588文字(全文992文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 石川県知事、外出自粛の東京都民に観光アピール 地元は困惑

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. ファクトチェック 「死者数もっと多い」は本当か 死因不明の遺体「コロナだったら…」葬儀業界困惑

  4. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  5. アイリスオーヤマ、国内でマスク生産 月6000万枚供給へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです