メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

茶香服に40人挑戦 鑑定技術向上目指し 福知山 /京都

茶を味わい、産地や種類を探る参加者ら=福知山市のJA京都にのくに大江支店で、佐藤孝治撮影

 味や香りなどから茶の種類や産地を言い当てる茶香服(ちゃかぶき)の大会が13日、福知山市大江町河守のJA京都にのくに大江支店で開かれ、地元の生産者や農業関係者らが挑戦した。

 茶香服は鎌倉時代に中国から伝わり、公家や武家社会の間で優雅な遊びとして流行していたという。中丹地域は茶の栽培が盛んで、生産者の…

この記事は有料記事です。

残り170文字(全文320文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トイレットペーパー買い占め相次ぐ 新型肺炎の影響巡りデマ 熊本で

  2. 麻生財務相 臨時休校中の学童保育負担「つまんないこと」 新型肺炎対策

  3. 名古屋・河村市長「柔軟に考えたらどうか」 一転して卒業式「中止」から実施へ

  4. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  5. 金沢市長、新型肺炎対策での休校「2日からは考えていない」「時間がない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです