メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

わかやま釣り情報

わかやま釣り情報 紀中 サビキで大型マアジ=宇井晋介 /和歌山

紀南 完全フカセでブリ98センチ

 2020年の「フィッシングショーOSAKA」は新型コロナウイルス禍の影響をまともに受け、前年比77%の入場者に終わった。中国の方がほぼいなかったことが一番の変化だが、今や中国抜きでは釣り具の生産は語れない。マスクと同様、品薄も出てきそうだ。

 【紀北】シラサエビを餌の胴突き仕掛けでメバル23センチのほか、ベラ、イワシ、ガシラ。フカセではチヌ40センチ(マリーナシティ釣り公園073・448・0020)。タイラバでマダイのほかホウボウ、ハマチ(釣船海竜090・5974・1716)。21日まで臨時休園中(下津ピアーランド073・494・0940)。

 【紀中】サビキで大型マアジ43~51センチが1人24~38匹。チダイ、マダイ、イサキ、イシダイ、ハマチなども交じる(千代丸0738・23・1621)。磯からフカセでグレのほかマダイ54センチも(上野渡船0738・65・1222)。チヌ38~54センチ、ヒラメ48センチ、マトウダイ34・5センチ、ガシラ26センチ、オコゼ23センチ、コブダイ(カンダイ)40センチ、アイゴ38センチ、ササノハベラ22…

この記事は有料記事です。

残り952文字(全文1442文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船「乗船」の神戸大教授が対応批判 菅氏は「感染拡大防止を徹底」と反論

  2. 「コネクティングルーム」宿泊 安倍首相が和泉補佐官を注意

  3. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  4. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  5. 大阪・なんばのビル屋上で火災 朝の繁華街、一時騒然

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです