メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

壁一面に力作952点 下関学生書初書道展始まる 17日まで下関大丸 /山口

壁一面に作品が飾られた会場

 第69回下関学生書初書道展(下関書道連盟主催、毎日新聞社など後援)が13日、下関市竹崎町の下関大丸6階催場で始まった。17日まで。

 下関市内を中心に幼児から高校生まで、半紙の部に709点、条幅の部に243点の計952点が出品され、全作品が壁一面に展示されている。指導者の作品約20点も並べられた。

 下関書道連盟の角広行会長は「例年に比べるとやや出品数が減少したが、内容の充実した作品が多かった」と講評した。【竹花周】

この記事は有料記事です。

残り1423文字(全文1632文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ 新たに259人感染 国内計2933人に 東京で最多78人 山形で初確認

  2. 宮藤官九郎さん新型コロナ感染 「まさか自分が、と過信してしまい…」

  3. ファクトチェック 「死者数もっと多い」は本当か 死因不明の遺体「コロナだったら…」葬儀業界困惑

  4. 緊急事態宣言は「抜かない宝刀」? 安倍政権が恐れるシナリオ 新型コロナ

  5. 消えた「春開催」 小池知事のあの一言から…東京オリンピック1年延期

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです