メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

ブレグジット後の欧州

 英国は1月末をもって欧州連合(EU)を離脱した。欧州の統合へ向かって拡大を続けてきたEUにとって、加盟国が抜けるのは初めてのこと。英国やEUの主要国にとって、英国の離脱は今後どのようなメリット、デメリットをもたらすのだろうか。英国やEUにとっての課題を、英仏独それぞれの識者に聞いた。

EU、結束再構築の好機に オリビエ・ドフランス、フランス国際関係戦略研究所研究部長

 欧州連合(EU)として政治的な存在感を世界で示していくためには、フランスとドイツがそれぞれの責任を自覚して対立を克服できるかどうかが鍵だ。それができなければ、世界は米国と中国の影響力の下に二極化し、米中の野心のなすがままになってしまう。英国の離脱はEUにとって、経済的なつながりを深めるよりもむしろ、政治的な結束を再構築する好機だと捉えるべきだ。

この記事は有料記事です。

残り4269文字(全文4627文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船「乗船」の神戸大教授が対応批判 菅氏は「感染拡大防止を徹底」と反論

  2. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  3. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  4. 「コネクティングルーム」宿泊 安倍首相が和泉補佐官を注意

  5. ウーバーイーツ、広島上陸 中国初、国内11カ所目 50カ国語に対応 /広島

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです