メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

露トルコ、非難合戦 シリア内戦激化「停戦違反」 大量の避難民発生懸念

トラックの荷台に乗りシリア北部アレッポから逃れてきた避難民たち=北西部イドリブ近郊で2020年2月11日、ロイター

 シリア内戦で反体制派の最後の拠点となっている北西部イドリブ県での戦闘激化を巡り、トルコとロシアが「停戦違反」と互いに非難しあっている。ロシアを後ろ盾とするシリアのアサド政権が全土掌握に向けて攻撃を強化すれば、トルコがさらに強硬な手段に訴える可能性があり、大量の避難民発生による人道危機の深刻化も懸念されている。【エルサレム高橋宗男】

 「トルコ軍に少しでも害を与えれば、アサド政権軍をあらゆる場所で攻撃する。陸と空から必要なことは何でもためらいなく実行する」。トルコのエルドアン大統領は12日、自身が党首を務める与党「公正発展党」(AKP)の会合で演説し、こう強調した。

この記事は有料記事です。

残り774文字(全文1059文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船「乗船」の神戸大教授が対応批判 菅氏は「感染拡大防止を徹底」と反論

  2. 「コネクティングルーム」宿泊 安倍首相が和泉補佐官を注意

  3. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  4. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  5. 大阪・なんばのビル屋上で火災 朝の繁華街、一時騒然

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです