メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

露トルコ、非難合戦 シリア内戦激化「停戦違反」 大量の避難民発生懸念

トラックの荷台に乗りシリア北部アレッポから逃れてきた避難民たち=北西部イドリブ近郊で2020年2月11日、ロイター

 シリア内戦で反体制派の最後の拠点となっている北西部イドリブ県での戦闘激化を巡り、トルコとロシアが「停戦違反」と互いに非難しあっている。ロシアを後ろ盾とするシリアのアサド政権が全土掌握に向けて攻撃を強化すれば、トルコがさらに強硬な手段に訴える可能性があり、大量の避難民発生による人道危機の深刻化も懸念されている。【エルサレム高橋宗男】

 「トルコ軍に少しでも害を与えれば、アサド政権軍をあらゆる場所で攻撃する。陸と空から必要なことは何でもためらいなく実行する」。トルコのエルドアン大統領は12日、自身が党首を務める与党「公正発展党」(AKP)の会合で演説し、こう強調した。

この記事は有料記事です。

残り774文字(全文1059文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. インドネシア・スラウェシ島の地震、死者34人に 600人以上負傷

  2. 全国で新たに7133人感染 重症者は934人で最多更新

  3. 吉川元農相、異例の在宅起訴 端緒は河井夫妻捜査 養鶏業界実力者が図った政界工作

  4. ORICON NEWS 『半妖の夜叉姫』公式が注意喚起、スタッフのなりすましツイッター確認

  5. 陸自3佐を女児へのわいせつ容疑で逮捕 警視庁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです