メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

ラーメン屋、おいしい理由=気仙沼ニッティング社長・御手洗瑞子

御手洗瑞子 気仙沼ニッティング社長

 「どうしてこんなにおいしいんだろう」と思うラーメン屋が気仙沼にある。大変な人気店で、人口6万人の気仙沼においても並ばずに入れる日はない。これ以上混むと店に迷惑をかけるだろうから店名は伏せる。東日本大震災の前までは家族で中華料理屋を営んでいたが、震災をきっかけに代がわりしてラーメン屋として再開した店である。店主とその両親、加えてスタッフ1人で切り盛りする。

 おいしいものをつくるには、味覚のセンスも調理技術も、日々の丁寧な仕事の積み重ねも必要だろう。それは言わずもがなとして、あえて、地方の家族経営の店だからこそできる構造的理由を考えてみる。

この記事は有料記事です。

残り450文字(全文722文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 14歳長女「勇気振り絞りここに」 父がパワハラ自殺「水道局は反省を」 新潟で集会

  2. ソフトバンク本拠地が「ペイペイドーム」に看板掛け替え

  3. ANAホテル「営業の秘密と言った事実はない」 安倍首相答弁を否定

  4. 藤田医科大岡崎医療センター クルーズ船陽性受け入れ 開院前で感染不安なく

  5. 北海道、新型コロナ感染者の国籍・職業公表へ 情報原則公開方針転換

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです