メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

リモートワーク最前線

ワーケーション ハワイの海に癒やされ 仕事と休暇同時に

ビーチで交流するMINDSのメンバーら=米国ハワイ州で、高橋祐貴撮影

 仕事と休暇を一緒に取る「ワーケーション」という新しい働き方がある。異業種の若手社員らで作る研究チームが昨年12月、ハワイにワーケーションを実践しに行くと聞き、同行してみた。

 日程は12月5日夜から2泊4日。滞在したのは、太平洋を見下ろす米ハワイ島の別荘だ。メンバーは到着後、半袖半ズボン姿などに着替え、ソファでくつろいだ。初日は取引先や同僚とメールでやりとりし、合間にじっと海を眺める。「このまま移住したいなあ」と30代男性が漏らすと他のメンバーも笑顔で同調した。

 職場から離れ、カフェなどで働くことをリモートワーク(テレワーク)と呼ぶが、ワーケーションはそれが発展した形だ。参加したのは、働き方改革を推進する20~30代を中心とした「MINDS」の9人で、日本航空(JAL)や日本マイクロソフト、カブドットコム証券など勤務する業種もばらばらだ。

この記事は有料記事です。

残り1636文字(全文2010文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ガス吸う遊び中にボンベ爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

  2. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

  3. 網戸のひもで6歳死亡 両親、アルミ建材大手を提訴 「欠陥で首に絡まり」

  4. 大阪のコロナ感染、新たに142人 クラスター相次ぎ増加か 8月中旬並みの多さ

  5. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』興収300億円に向けファン団結「煉獄さんを300億の男に」 『コナン』に似た運動

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです