メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

セカンドステージ

ダブルケア、語れるカフェを

「義父が病院に行きたがらず困った」「うちも大変だったのよね」などと語り合うダブルケアカフェの参加者=横浜市港南区の陽だまりで

 <くらしナビ ライフスタイル Second Stage>

 親の介護と子育てを同時に担う「ダブルケア」。出産年齢の上昇を背景に増え続けているが、行政の支援制度や社会の認知度は必ずしも十分ではない。そんな中、当事者同士が日常生活や抱える悩みについて語り合える「ダブルケアカフェ」の取り組みが少しずつ広がっている。

この記事は有料記事です。

残り1439文字(全文1594文字)

上東麻子

1996年毎日新聞入社。佐賀支局、西部本社、東京本社くらし医療部などをへて2020年から統合デジタル取材センター。障害福祉、精神医療、差別、性暴力、「境界」に関心がある。2018年度新聞協会賞を受賞したキャンペーン報道「旧優生保護法を問う」取材班。連載「やまゆり園事件は終わったか?~福祉を問う」で2020年貧困ジャーナリズム賞。共著に「強制不妊ーー旧優生保護法を問う」(毎日新聞出版)、「ルポ『命の選別』誰が弱者を切り捨てるのか?」(文藝春秋)。散歩とヨガ、ものづくりが好き。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. センバツ21世紀枠候補・知内 過疎の町の宝が掲げる「全員が脇役、全員が主役」

  2. センバツ21世紀枠 候補校紹介/1 知内(北海道) 「聖地」再訪へ、打撃強化

  3. 自公、北海道2区補選で「不戦敗」選択 惨敗すれば首相の責任論 吉川元農相在宅起訴

  4. 感染防止策違反に「氏名公表」は厳しすぎるリンチか 自民には「不十分」の声

  5. 五嶋みどりさんにケネディ・センター名誉賞 日本出身者で小澤征爾さんに次ぎ2人目

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです