メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ブックエンド&図書館より

「プラテーロとわたし」

 ◆「プラテーロとわたし」J.R.ヒメネス作 波多野睦美訳 山本容子絵/理論社

ロバ、プラテーロと詩人の親愛の交流

 本書は、1956年にノーベル文学賞を受賞したスペインの詩人ヒメネスの散文詩集「プラテーロとわたし」から、イタリアの作曲家テデスコが28編を選り抜き朗読とギター用に曲をつけた詩を訳したものです。

 銀色の小さなロバ、プラテーロと詩人の交流は親愛の情に満ちあふれ、加えてアンダルシア地方の自然や折々の季節の花、果物、小鳥たちが描かれ、文体からはしなやかなリズムが伝わってきます。山本容子さんのすてきな銅版画が1編毎に挿し入れられています。

この記事は有料記事です。

残り253文字(全文526文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船内待機 米、感染急増で"評価見直し" チャーター機16日到着 新型肺炎

  2. 低体温症などで42人救急搬送 1人が意識不明 熊本城マラソン、降雨影響

  3. 名古屋市、感染確認夫婦利用の電車など公表 「夫から感染」の可能性

  4. 志賀直哉の旧居、3月末閉館へ 文学記念室も 入館者減少で 尾道 /広島

  5. 都内の40代男性会社員、新型肺炎重症化 発熱後の2月10日に新幹線で愛知県に出張

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです