メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

関ケ原の戦いCG再現 岐阜で7月開館 「麒麟がくる」放送で観光誘致

7月に開館予定の「岐阜関ケ原古戦場記念館」の完成予想図。外観は中世の物見やぐらをイメージしている=岐阜県提供

 岐阜県が、地元ゆかりの戦国武将・明智光秀が主人公のNHK大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」の放送に合わせ、関ケ原古戦場周辺への観光客誘致に力を入れる。7月17日に、関ケ原町に「岐阜関ケ原古戦場記念館」・同県提供=をオープンするほか、10月には10分の1のスケールで関ケ原の戦いを再現するイベントも予定する。

 2020年は天下分け目の関ケ原の戦いから420年の節目の年。記念館には大型スクリーンとコンピューターグラフィックス(CG)で合戦を再現するシアターのほか、資料展示や、古戦場を一望する展望室を備える。

この記事は有料記事です。

残り162文字(全文416文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トイレットペーパー買い占め相次ぐ 新型肺炎の影響巡りデマ 熊本で

  2. 名古屋・河村市長「柔軟に考えたらどうか」 一転して卒業式「中止」から実施へ

  3. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  4. 萩生田文科相「臨時休校の期間や方法、学校設置者で工夫を」 新型肺炎

  5. 「共働きなのにパニックだ」 突然の一斉休校、保護者ら衝撃 収入は、子の安全は…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです