特集

桜を見る会

安倍首相主催の「桜を見る会」に首相の後援会関係者が多数招待され、「公費の私物化」と批判されています。

特集一覧

北村担当相「白塗り文書、法の趣旨に反しない」「誤解招く懸念から消去」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
首相官邸に入る北村誠吾地方創生担当相=2020年2月14日午前8時7分、川田雅浩撮影
首相官邸に入る北村誠吾地方創生担当相=2020年2月14日午前8時7分、川田雅浩撮影

 公文書管理を担当する北村誠吾地方創生担当相は14日の記者会見で、内閣府が昨年11月に参院予算委員会に対して「桜を見る会」参加者の推薦者名簿を提出した際、原本で推薦部局名が記入されていた欄を「白塗り」で隠したことについて「公文書管理法の趣旨に反するものではない」との見解を示した。

 北村氏は、内閣総務官室官邸事務所からの依頼を受けて内閣府人事課が推薦したものの、実際に…

この記事は有料記事です。

残り278文字(全文462文字)

【桜を見る会】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集