メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

首相の「暴力革命方針」答弁、立憲と共産が削除を要求 自民森山氏「要望は承った」

国会議事堂=東京都千代田区で2019年5月1日、川田雅浩撮影

 立憲民主、共産両党は14日、自民党に対し、安倍晋三首相が共産党について「現在も暴力革命の方針に変更はないと認識している」と述べた国会答弁を議事録から削除するよう求めた。共産党の穀田恵二国対委員長は記者団に「いわれのない誹謗(ひぼう)中傷だ」と述べた。

 穀田氏は、立憲の安住淳国対委員長と共に、自民党…

この記事は有料記事です。

残り174文字(全文324文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船内待機 米、感染急増で"評価見直し" チャーター機16日到着 新型肺炎

  2. 低体温症などで42人救急搬送 1人が意識不明 熊本城マラソン、降雨影響

  3. 名古屋市、感染確認夫婦利用の電車など公表 「夫から感染」の可能性

  4. 都内の40代男性会社員、新型肺炎重症化 発熱後の2月10日に新幹線で愛知県に出張

  5. 飼い主を待つ柴犬、買い物客に人気 写真撮影にもおとなしく

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです