メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪のIR、応募は1者のみ MGMとオリックスのグループ 吉村知事明らかに

吉村洋文大阪府知事=加古信志撮影

 カジノを含む統合型リゾート(IR)の誘致を目指す大阪府の吉村洋文知事は14日、同日締め切った事業者公募の参加申請で、応募が米国のMGMリゾーツ・インターナショナルとオリックスのグループ1者だけだったことを明らかにした。参入意思を示していた他の2事業者は横浜市のIRに専念するために撤退したとみられる。

 府市の選定委員会による提案書類の審査を経て6月ごろに正式決定するが、大阪湾の人工島・夢洲(ゆめしま)を開業予定地とする事業者は事実上、同グループに絞られた。MGMは「オリックスと共同で、大阪に世界最高水準のIRを実現するための提案作成に全力で取り組む」とコメントした。同グループは、パナソニックやJR西日本など約20社から出資を募る構想も進めており、関西企業との連携を重視するとみられる。

この記事は有料記事です。

残り544文字(全文890文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ちびまる子ちゃん」ナレーション交代 キートン山田さん「番組はまだまだ“後半へつづく”」

  2. 「私が背中向けた段階で言わないで」安倍前首相、「桜」質問にいら立ち

  3. 岡山県議が政活費でアップルウオッチ購入 「政務に非常に便利」必要性強調

  4. 菅首相、初論戦は「逃げ」全集中 9月の約束「丁寧な説明」はどこへ

  5. 会見後に予定入れたのは「打ち切り」のため? 原稿棒読みの場面も多く 菅首相

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです