メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「積極公開」と「個人情報」の板挟み 政府が新型コロナ感染情報公開に苦慮

閣議後の記者会見で質問に答える菅義偉官房長官=首相官邸で2020年2月14日午前10時17分、川田雅浩撮影

 菅義偉官房長官は14日の記者会見で、新型コロナウイルスの感染者に関する情報公開について「公衆衛生上の必要性と個人情報の保護を比較考量しつつ、公表する情報を判断している」と説明した。政府は感染者が居住する都道府県名の公表などにとどめているが、自治体からは感染予防や注意喚起の観点から詳細な情報公開を求める声が出ている。一方で、感染者から「仕事に支障が出る」「子供が嫌がらせされるかもしれない」といった不安の声も出ており、政府は対応に苦慮している。

 感染症法16条は、国と都道府県に対して「発生状況や予防に必要な情報を積極的に公表しなければならない」と定めている。厚生労働省は、感染者の性別や居住する都道府県名、年代(20代など)を明らかにしている。一方、大阪府は1月下旬、「国があまりに情報開示しないので、違うやり方でやっていく」(吉村洋文知事)として、感染者が住む市町村名や立ち回り先を明らかにした。

この記事は有料記事です。

残り232文字(全文633文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「後任指名はできない仕組み」と反論 学術会議の梶田会長ら初の記者会見

  2. 大阪市財政局、4分割コスト増の試算撤回 市長、厳重注意で 都構想巡り

  3. ORICON NEWS フジ『アウト×デラックス』急きょ当日収録 矢部浩之「扱えないアウトもある」

  4. 本紙報道に維新「誤報」 衆院代表質問 大阪市4分割コスト

  5. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです