白老駅の副駅名に「ウポポイ 民族共生象徴空間前」 JR北

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
JR北海道本社=札幌市中央区で、貝塚太一撮影
JR北海道本社=札幌市中央区で、貝塚太一撮影

 JR北海道の島田修社長は13日の記者会見で、アイヌ文化施設「民族共生象徴空間(ウポポイ)」の最寄り駅である白老駅の副駅名を「ウポポイ 民族共生象徴空間前」とすることを発表した。

 JR北は2019年8月、企業などスポンサーと広告契約を結び、付近の施設を表示する副駅名制度を導入。アイヌ民族文化財団がスポンサーで、3月14日のダイヤ改正に合わせ、駅に表示板を設置する。一方、新千歳空港駅と札幌圏を結ぶ「快速エアポート」の外装にも同1日からウポポイPRのシールを掲出。島田社長…

この記事は有料記事です。

残り354文字(全文590文字)

あわせて読みたい

ニュース特集