メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京円、109円台後半 ユーロ圏の景気懸念、ユーロ安に

[PR]

 14日午前の東京外国為替市場の円相場は1ドル=109円台後半で取引された。

 午前10時現在は前日比14銭円安・ドル高の1ドル=109円86~87銭。ユーロは29銭円高・ユーロ安の1ユーロ=119円07~11銭。

 新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大への警戒感から、比較的安全な資産とされる円を買う動きが出る一方、週末を前に投資家がリスク回避などを考慮し、円を売ってドルを買う動きも出た。

 ユーロ圏の景気先行きへの懸念が高まり、対ユーロは昨年10月以来の円高ユーロ安水準となった。外為ブローカーは「ドイツの政局不安から、円を買う動きが優勢となった」と話した。(共同)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船内待機 米、感染急増で"評価見直し" チャーター機16日到着 新型肺炎

  2. 低体温症などで42人救急搬送 1人が意識不明 熊本城マラソン、降雨影響

  3. 名古屋市、感染確認夫婦利用の電車など公表 「夫から感染」の可能性

  4. 都内の40代男性会社員、新型肺炎重症化 発熱後の2月10日に新幹線で愛知県に出張

  5. 飼い主を待つ柴犬、買い物客に人気 写真撮影にもおとなしく

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです