メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

週末の東京円、109円台後半 新型肺炎懸念で円買いの動きも

[PR]

 14日の東京外国為替市場の円相場は1ドル=109円台後半で取引された。

 午後5時現在は前日比06銭円安・ドル高の1ドル=109円78~79銭。ユーロは36銭円高・ユーロ安の1ユーロ=119円00~04銭。

 新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大が経済活動に与える影響が懸念され、相対的に安全な資産とされる円が買われる一方、国内輸入企業による円売り・ドル買いの動きも出た。

 対ユーロでは、ドイツの最大与党の党首が年内に党首を退任すると表明したことで、政局や経済の先行き不透明感が広がった。ユーロを売って円を買う動きが優勢となり、東京市場では一時、昨年10月以来となる118円台後半を付けた。(共同)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新たに25人感染 ほとんど経路不明 クルーズ船下船者が陽性 新型肺炎

  2. 金沢市内の男子中学生陽性 感染者の家族 症状なし、学校は休校に 新型肺炎

  3. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

  4. クルーズ船下船後に女性が陽性、発熱 初のケース 栃木県発表 新型肺炎

  5. 新型コロナ「花見川区の中学校教諭り患」「安易に校名広げない配慮を」 千葉市長がツイート

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです