メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

週末の東京円、109円台後半 新型肺炎懸念で円買いの動きも

[PR]

 14日の東京外国為替市場の円相場は1ドル=109円台後半で取引された。

 午後5時現在は前日比06銭円安・ドル高の1ドル=109円78~79銭。ユーロは36銭円高・ユーロ安の1ユーロ=119円00~04銭。

 新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大が経済活動に与える影響が懸念され、相対的に安全な資産とされる円が買われる一方、国内輸入企業による円売り・ドル買いの動きも出た。

 対ユーロでは、ドイツの最大与党の党首が年内に党首を退任すると表明したことで、政局や経済の先行き不透明感が広がった。ユーロを売って円を買う動きが優勢となり、東京市場では一時、昨年10月以来となる118円台後半を付けた。(共同)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船内待機 米、感染急増で"評価見直し" チャーター機16日到着 新型肺炎

  2. 低体温症などで42人救急搬送 1人が意識不明 熊本城マラソン、降雨影響

  3. 名古屋市、感染確認夫婦利用の電車など公表 「夫から感染」の可能性

  4. 志賀直哉の旧居、3月末閉館へ 文学記念室も 入館者減少で 尾道 /広島

  5. 都内の40代男性会社員、新型肺炎重症化 発熱後の2月10日に新幹線で愛知県に出張

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです