メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

貿易戦争収束へ米中合意「第1段階」発効 初の追加関税緩和 米からの購入目標達成は難関

中国は2017年比2000億ドルの輸入積み上げを迫られている

 米中貿易戦争の収束に向けた「第1段階」合意が14日発効し、両政府は相手国の輸入品に課してきた制裁・報復関税の一部をそれぞれ引き下げた。2018年7月の貿易戦争本格化後、両国が追加関税措置を緩和するのは初めて。ただ、合意の柱である中国による米国産品購入目標の達成は容易ではなく、対立再燃の火種となりかねない状況だ。【ワシントン中井正裕、北京・赤間清広】

 関税率を引き下げたのは、制裁・報復関税「第4弾」の一部。1月15日に合意した協定に基づき、米国側は、テレビや衣服など中国からの年間総額1200億ドル(約13兆円)規模の輸入品に課している追加関税率を15%から7・5%に半減した。中国側も、第4弾の報復対象である750億ドル規模の輸入品のうち、19年9月に発動した大豆や原油など約1700品目に対する5~10%の追加関税率を半分にした。

この記事は有料記事です。

残り1617文字(全文1986文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 石川県知事、外出自粛の東京都民に観光アピール 地元は困惑

  2. ファクトチェック 「死者数もっと多い」は本当か 死因不明の遺体「コロナだったら…」葬儀業界困惑

  3. 消えた「春開催」 小池知事のあの一言から…東京オリンピック1年延期

  4. アイリスオーヤマ、国内でマスク生産 月6000万枚供給へ

  5. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです