メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

バンクシーのバレンタイン? 出身地の英ブリストルで新作 住宅の壁に少女や花

[PR]

バンクシーの新作と期待される壁画=英ブリストルで13日、ロイター共同

 英南西部ブリストルで13日朝、少女や赤い花をあしらった作品が住宅の壁に描かれているのを、地元住民らが見つけた。ブリストルは、素性不明の路上芸術家・バンクシーの出身地とされる。バンクシーは自身の写真共有アプリ「インスタグラム」にこの作品の画像を投稿、自身の作品であることを認めたとみられる。地元では、14日のバレンタインデーに関連した新作との見方が広がっている。

 日本ではバレンタインデーに、女性が男性にチョコレートを渡すのが一般的だが、欧米などでは男性が女性にバラなどの花束を渡すことが多い。

 白い壁には、Y字形のスリングショット(ぱちんこ)を持った少女が描かれ、その右上方に、無数の赤い花のようなものが張り付けられている。少女が赤いペンキ玉を飛ばし、壁に当てて破裂させたように見える。

 既に多くの近隣住民らが写真を撮りに殺到しており、BBC放送によると、作品の“キャンバス”となった住宅の所有者の女性(37)は「とても幸せ」と喜んでいる。(共同)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新たに25人感染 ほとんど経路不明 クルーズ船下船者が陽性 新型肺炎

  2. 金沢市内の男子中学生陽性 感染者の家族 症状なし、学校は休校に 新型肺炎

  3. クルーズ船下船後に女性が陽性、発熱 初のケース 栃木県発表 新型肺炎

  4. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

  5. 新型コロナ「花見川区の中学校教諭り患」「安易に校名広げない配慮を」 千葉市長がツイート

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです