近付くイラン国会選挙 反米強硬派が躍進か 事前審査で穏健派現職ら6800人排除

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
記者会見するイランのロウハニ大統領=米ニューヨークで2019年9月26日、隅俊之撮影
記者会見するイランのロウハニ大統領=米ニューヨークで2019年9月26日、隅俊之撮影

 イランの国会議員選(1院制、定数290)が21日に投票される。2016年の前回選挙では、イランが核開発を制限する代わりに米欧が経済制裁を一部解除する15年の「核合意」締結直後だったこともあり、国際協調路線を重視するロウハニ大統領を支持する保守穏健派や改革派が躍進した。だが今回は、核合意から離脱してイランへの経済制裁を強化する米国への反発が広がっており、反米の保守強硬派が票を伸ばす可能性がある。

この記事は有料記事です。

残り768文字(全文967文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集