メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

近付くイラン国会選挙 反米強硬派が躍進か 事前審査で穏健派現職ら6800人排除

記者会見するイランのロウハニ大統領=米ニューヨークで2019年9月26日、隅俊之撮影

 イランの国会議員選(1院制、定数290)が21日に投票される。2016年の前回選挙では、イランが核開発を制限する代わりに米欧が経済制裁を一部解除する15年の「核合意」締結直後だったこともあり、国際協調路線を重視するロウハニ大統領を支持する保守穏健派や改革派が躍進した。だが今回は、核合意から離脱してイランへの経済制裁を強化する米国への反発が広がっており、反米の保守強硬派が票を伸ばす可能性がある。

この記事は有料記事です。

残り768文字(全文967文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船内待機 米、感染急増で"評価見直し" チャーター機16日到着 新型肺炎

  2. 低体温症などで42人救急搬送 1人が意識不明 熊本城マラソン、降雨影響

  3. 名古屋市、感染確認夫婦利用の電車など公表 「夫から感染」の可能性

  4. 志賀直哉の旧居、3月末閉館へ 文学記念室も 入館者減少で 尾道 /広島

  5. 都内の40代男性会社員、新型肺炎重症化 発熱後の2月10日に新幹線で愛知県に出張

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです