メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

刀剣女子が爆買い? 4万円近い豪華本「名刀大全」が緊急重版のヒット

「名刀大全」(渡辺妙子さん、原田一敏さん監修・小学館)。片観音ページを開くと、刀の写真が原寸大で収まる

 古代から江戸時代まで長い刀剣の歴史の中から、名刀中の名刀200本を厳選した「名刀大全」(渡辺妙子さん、原田一敏さん監修)が好評だ。1冊3万8500円の豪華本にもかかわらず、1月下旬の発売前に異例の緊急重版が決まった。発行部数は非公表だが、この人気の火付け役となったのは、オンラインゲーム「刀剣乱舞」のファンで、刀剣に興味を持つ「刀剣女子」たち。出版した小学館(東京都千代田区)の担当編集者で、文化事業室編集長の高橋建さん(60)にヒットの理由を聞いた。【山口敦雄】

「ここまで注文が入るとは」

 「名刀大全」は、南北朝時代(14世紀)に作られ、国宝指定を受けながら、長年その行方が不明であった「稲葉江」(岩国美術館所蔵)など、名刀200本を紹介するB4ヨコ判という横長の判型を採用したビジュアル本だ。高橋さんは「刀剣ブームなのに本格的な刀剣書がないという問題意識から作った。そこで、第一線の刀剣の研究者に監修をお願いした。基本的には学術書であり、ゲームに沿ったものではない」という。

 従来の刀剣の本は、大型書店や刀に強い美術館で売られるのが一般的だが、昨今の「刀剣ブーム」もあり、アニメファン向けのグッズ専門店「アニメイト」のオンラインストアでの販売を決めた。「ツイッターで本のことが話題になり、アニメイトで予想をはるかに超える予約注文が入ったので、発売前に重版を決めた。発売前の予約全体の3分の1がアニメイトからだった」

 「アニメイト」のオンラインショップは、アニメのキャラクターのフィギュアなど高価格の商品を多く扱っており、「名刀大全」はその購買層と重なり、同社の販売戦略が当たった形だ。高橋さんは…

この記事は有料記事です。

残り741文字(全文1441文字)

山口敦雄

ビジネス誌「週刊エコノミスト」編集部記者、毎日新聞出版図書第二編集部編集長を経て、現職。著書に「楽天の研究」(毎日新聞社)がある。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船「乗船」の神戸大教授が対応批判 菅氏は「感染拡大防止を徹底」と反論

  2. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  3. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  4. 「コネクティングルーム」宿泊 安倍首相が和泉補佐官を注意

  5. ウーバーイーツ、広島上陸 中国初、国内11カ所目 50カ国語に対応 /広島

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです