メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フクジュソウかれんに 安中・木馬瀬の自生地

「木馬瀬の福寿草自生地」で見ごろを迎えたフクジュソウ=群馬県安中市松井田町上増田で、2020年2月13日、庄司哲也撮影

[PR]

 13日の群馬県内は、中之条町で最高気温21.5度、下仁田町西野牧で同21.0度を記録するなど各地で気温が上昇し、4月中旬から5月中旬並みの気温となった。前橋地方気象台によると、沼田市では平年より13.7度も高い19.3度で、2月としては観測史上最高となった。この暖かさは16日まで続く見通し。

 陽気に誘われ、安中市松井田町にある、春を告げる花のフクジュソウが自生する「木馬瀬(ちませ)の福寿草自生地」には、ひと足早い春を感じようと、多くの見物客が訪れていた。今が見ごろで、黄色い花がかれんに咲き誇っていた。【庄司哲也】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ホテル三日月」従業員に感染なし 武漢チャーター機帰国者が宿泊

  2. 「午前2時半、真っ暗の画面が一瞬小さく光り…」首里城火災の監視カメラ映像初公開

  3. 岐阜県で初の感染者1人 新型コロナ

  4. 首相、大規模イベント中止・延期を要請 3月中旬まで2週間

  5. 「支援物資の恩返し」武漢を代表し渋谷でマスク配る かぶり物の中国人女性話題に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです